車の中の匂いって、季節問わず気になるものですよね。夏は暑さで蒸し蒸しする車内、冬は締め切って暖房をきかせた中で長時間過ごすなら、快適に過ごしたいものです。 車の中をいい香りにすることで、そういった環境的な問題へのアプローチはもちろん、気分を明るくすることもできます。今日は、車内を快適にするアロマディフューザーと香りをご紹介します。

車専用のアロマディフューザー

車の中で香りを楽しむための、専用の「カーディフューザー」があるのはご存知でしょうか?固定が難しいディフューザーは、車の中ではちょっと使いにくいですよね。 車専用のディフューザーは、アクセサリーソケットに挿し込んで熱電源を使って広げるものや、エアコンに取り付けて、風の力で香りを広げるものがあります。 どちらも運転の邪魔をせず、手軽に香りを楽しめるカーアイテムです。



ドライブタイムクリップ

エアコンの風で香りを広げるタイプで、オイルボトルを直接装着するため、使うたびにオイルを垂らす必要がありません。
風に乗せてすばやく香りを広げることができるので、毎日車に乗る方や、短時間のドライブが多い方にも。開口部分を動かすことで香りの強さのは調整が可能で、オイルの残量がひと目で分かるので交換のタイミングも逃しません。

ドライブタイムレザー

本革仕様のカーディフューザーは、車の内装にあわせて使えるオシャレなアイテム。
パットにオイルを垂らし、シガーソケットに差し込んで熱で揮発させることで香りが広がります。使用中にはLEDライトが点灯し、車内の雰囲気を高めます。香りの持続時間は2時間で、自動的に電源が切れるオートOFFタイマー機能付。



【シーン別】おすすめの香り

■会話も弾む楽しいドライブに

車内の雰囲気を明るく元気にしたいときには柑橘系の香りがおすすめ。親しみやすい香りに気持ちも和み、デートの時には相手との距離がぐっと近づくかも。相手の香りの好みがわからない場合にも、嗜好性があまりない香りで使いやすさは抜群です。



B01 オレンジグレープフルーツ

フレッシュでかすかな甘さが漂う、誰からも好かれる香り
原料:オレンジ、グレープフルーツ、ベルガモット



■こもりがちな空気をきれいに

狭くて密閉した状態が続く車内では、空気も滞りがち。暖房や冷房を使う季節には、エアコンのにおいや、自分のにおいも気になりますよね。空気環境をクリーンに調える香りで、車内の空気をリフレッシュしましょう。ウッドやユーカリがブレンドされた香りがおすすめですよ。



C03 クリーンフォレスト

空気をクリーンに整える、凛とした気分になる森林の空気のような香り
原料:ユーカリグロブルス、パイン、ヒノキ

■乗り物酔いには

乗り物酔いするというときには、ミントなどの すっきり爽快な香りで、さりげない気配りを。ほんのり優しく香らせるのがおすすめです。

B04 グレープフルーツミント

気持ちをスッとさせる、自然な爽やかさが心に残る
原料:グレープフルーツ、ペパーミント、スペアミント

■夜のドライブには

夜景などを楽しみつつ、リラックスした雰囲気を作るには、ウッドやフローラル調の香りを。ドライブのムードを一層盛り上げてくれますよ。

City series 東京

遠くに都会の喧騒を感じる中、心地よいくつろぎの時間を誘う 静かな印象の木質系の香り
原料:サンダルウッド、シダーウッド、サイプレス、ロサリナ、ヒノキ、ユーカリ etc.



天然アロマの香りを車内でも

車内では好きな音楽だけでなく、香りも選んでみてはいかがでしょうか。ドライブがもっと楽しくなるはず。ぜひ、試してみてくださいね。