COLUMN

特集記事

@aromaの掲げる100% pure naturalな取り組み

wood diffuser rin & hinoco

これまで環境に配慮した香りの空間づくり、製品づくりを続けてきたアットアロマより、新たに「wood diffuser rin(ウッドディフューザー リン)」が発売となりました。間伐材を使用しているので森林保全につながり、現代のインテリアにも合うようモダンなデザインに仕上げています。そんなリンの魅力を今回はご紹介。


アットアロマが大切にしてきたサステナビリティ


近年SDGsが国連サミットで制定され、サステナブルな社会づくりが世界的に注目されていますが、アットアロマも創業当初から地球環境に配慮した企業理念を掲げ、アロマ空間デザインや製品づくりを継続してきました。ブランドコンセプトである「100% pure natural」に込めた想い、私たちがアロマ事業を通してこれまで、そして現在取り組んでいることをご紹介します。

100% pure natural
持続可能な自然素材を使って、人が暮らす空間をしつらえる。

森林や農産物など、再生可能な自然の恵みを活かして、人の暮らしを豊かにすること。
それは持続可能で豊かな社会・地球環境へとつながります。




例えば、mobile aroma labという活動では、森林の環境保全に必要な間伐材や枝葉・食品加工の際に余ってしまっていた柑橘類の果皮などの未利用資源を活用して、エッセンシャルオイルの蒸留や自然蒸散タイプのディフューザーを創り出してきました。このような有効活用は、環境保全や地域の林業や農業を守ることにも繋がります。
自然素材の良さを生かしつつ、デザインの力でよりスタイリッシュに魅力的に仕上げることで、ご自宅や施設などに心地よく取り入れることができます。また、天然100%のエッセンシャルオイルには様々な機能があり、うまく活用することで健康的な生活をもたらしてくれます。


wood diffuser rin 新登場


そんな取り組みのひとつとして、今回新たなプロダクトが生まれました。wood diffuser rin(ウッドディフューザー リン)は、木の個性を生かした、現代のインテリアに合うディフューザー。間伐材として伐採された針葉樹を活用し、木ならではの表情を生かして磨き上げたディフューザーとして生まれ変わりました。
自然蒸散型なので電気などを使わず環境に優しいだけでなく、メタルのフレームとのコントラストが美しく、ひとつずつ異なる自然の木目や色合いは、香りとともに暮らしにぬくもりをもたらします。



使い方もとても簡単で、お好きなエッセンシャルオイルを数滴垂らすだけ。木そのものの香りとともにエッセンシャルオイルの香りがふわりと漂います。
アロマ初心者の方でも気軽にお使いいただけ、ボックスに入れてお届けするのでギフトにもおすすめのアイテムです。モダンなフレームがセットになっているので、お部屋やベッドサイドに置くとナチュラルかつスタイリッシュな印象をプラスしてくれます。


日本の自然を活かした香りと一緒に


リンの発売を記念し、オンラインストアでは数量限定でsourcing story oil 第3弾の上富良野紫蘇高知直七とのセットを発売中です。「上富良野紫蘇」は1~2週間もの蒸留工程をすべて地元の農家さん同士で協力しながら行っている大変貴重なオイルで、「高知直七」は本来ならば廃棄されてしまう果皮から蒸留を行いました。自然の恵みを存分に活用しながらつくられたエッセンシャルオイルは、リンと一緒にお楽しみいただくことでより一層心地よく感じられるはずです。(※ご好評につき完売となりました
また、日本各地で古来より親しまれてきた植物を中心にブレンドしたジャパニーズボタニカルエアーシリーズの香りもリンとの相性が抜群です。それぞれの植物が息づく地域の風土や環境が反映された香りに仕上げているため、各地を旅しているかのような感覚が味わえます。

ぬくもりを感じるウッドディフューザーも


リンと合わせてご紹介したいのが、同じく間伐材を使用したウッドディフューザー ヒノコ
「木、森、自然に興味を持ち、理解し、使うことで自然に貢献していく」 をコンセプトに、日本の森で育ったヒノキの間伐材を主に使用し、ひとつひとつ手作りで作られています。リンとヒノコでそれぞれ異なる香りを楽しむのもいいですね。


サステナブルで洗練されたアロマ空間を


自然への配慮とスタイリッシュな暮らしを両方叶えてくれるリン。心地よい香りを楽しみながら、環境を大切にした生活をもたらしてくれます。ぜひ、リンと一緒にサステナブルで洗練されたアロマ空間デザインを始めてみてください。