受験シーズンや年度末を控え、体調管理が気になる季節になってきました。
清潔でクリーンな空間をつくりだす「Clean air(クリーンエアー)」シリーズより、「抗ウイルス」作用が期待できる香りを2種ご紹介します。
ご自宅の中でも特に抗菌ケアを取り入れたい、玄関やリビングで香りを広げる際におすすめのディフューザーもお伝えします。

「いい香り」だけではない
天然アロマのもつ「機能性」とは

エッセンシャルオイルは、原料に含まれる成分に応じて機能性も持っています。機能性は、よく知られるリラックスや頭脳明晰など心と身体に働きかけるものと、環境改善に効果を発揮するものに分類できます。
例えば、ティートリーやペパーミント、ユーカリなどのオイルには、「1.8-シネオール」という成分が含まれており、「抗菌」「抗ウイルス」効果があると言われています。
アットアロマでは香りの機能性に着目し、空気をクリーンに整えることをテーマにした「Clean air(クリーンエアー)」シリーズを展開しています。


99%以上のウイルス除去効果も

そんなクリーンエアーシリーズの香りの中でも、特に抗ウイルス作用が高いと言われているのが「C02 クリーンミント」「C10 クリアーティートリー」の香り。
北里環境科学センターにてウイルス抑制効果について試験を行った結果、空気中の浮遊ウイルスに対して99%以上のウイルス除去効果をもつことが実証されました。
もちろんデザイン性も考慮し複数の香りをブレンドすることで、感覚的な心地よさもしっかり兼ね備えています。


玄関

電源が確保しづらい玄関には、コードレスタイプの「ネブライジングディフューザー ワン」を。
2時間でオートオフになるので朝スイッチを入れれば、家族が出かける頃には香りが広がっています。来客を出迎えたタイミングでスイッチを入れても、すぐに香りが広がってくれるのも嬉しいポイント。
カラーはインテリアのアクセントにもなるアッシュブルーがイチオシです。


おすすめの香り
C02 クリーンミント
空気をクリーンに整える、スッとするミントの甘さが印象的な香り
原料:ユーカリグロブルス、ローズマリー、ティートリー、スペアミント

廊下が続いていたり、吹き抜けになっていたり、意外と広さのある玄関には香りが広がりやすいミントがブレンドされた香りがおすすめ。
シューズクローゼットがある場所でもあるので、においが気になる場合にもユーカリの「消臭」作用が役立ちます。


リビング

家の中で最も広いリビングには静かに最大40畳まで香りを広げることができる「ピエゾディフューザー ソロ」を。運転モードは弱・中・強の3段階から、お部屋の広さに合わせて調節いただけます。
専用のピエゾアロマオイル1本分(100ml)をタンクに注げば、中モードで約100時間は使用できるので、オイル補充の手間が毎日かかることはありません。


おすすめの香り
C10 クリアーティートリー
ティートリーのクリーンな空気に包まれる、清潔感と心地よさをそなえた穏やかな香り
原料:ティートリー、ユーカリ、カモミール、クローブ、ラバンディン etc.

家族、お客さま、友人が集まるリビングは居心地がよい空間にしたいもの。カモミール、ラバンディンの柔らかな花の香りが気持ちをリラックスさせてくれます。
ティートリーはオーストラリア先住民のアボリジニが薬として利用してきたことや、ニキビケアに特化したナチュラルコスメの原料としてもよく知られており、抗菌や抗ウイルスの効果は広く認知されています。


アロマで空間を整える日々を

空間を心地よい香りで満たしながら空気環境もケアできるのは、機能性を備える天然アロマならでは。「C02 クリーンミント」や「C10 クリアーティートリー」の香りを活用して、快適で安心できる空間をつくりだしてみてはいかがでしょうか。
玄関、リビングと家庭向けにご紹介してきましたが、店舗やオフィスの受付などでもぜひ活用ください。