お部屋で選ぶ、おすすめの香り

  1. HOME / 
  2. お部屋で選ぶ、おすすめの香り

お部屋で選ぶ、おすすめの香り 部屋の役割にあった香りを選ぼうApr, 2018

チューリップ

家の中に香りを取り入れると、居心地が良くなったり、気持ちがやすらいだりと、毎日の暮らしが豊かになります。好きな香りは毎日でも使いたくなりますが、ときには違う香りも使ってみたいですよね。そんなときの香り選びには、どのお部屋を香らせるのかがヒントになります。お部屋の役割に合わせて、香りやディフューザーを選べば、香りのもつ機能をいかした空間作りができますよ。
また、インテリアスタイルにあわせた香り選びもおすすめです。詳しくは「香りでお部屋を模様替え」もチェックしてみてくださいね。

玄関には、明るくなる香りを

おうちの顔とも言える玄関。毎日通る場所だからこそ、気分が明るくなるような空間にしたいですよね。また、お客さまをいい香りでお迎えすれば、おもてなしにもなります。
おすすめは、柑橘系の香りです。柑橘の香りは苦手な方が少ないだけでなく、明るい雰囲気を持つので、空間の印象をぱっと明るくしてくれます。
「B10 ベルガモットマンダリン」はベルガモットやオレンジなどのブレンド。ほがらかな雰囲気の、柑橘の香りです。「B04 グレープフルーツミント」は、爽やかな香り。消臭効果が期待されるミントがブレンドされているので、靴箱のにおい対策にもおすすめです。
オイルを内部に収納できる、木のディフューザー「ヒノコ」なら、玄関先の限られたスペースでも香りを楽しめますよ。

パウダールームには、清潔感のある香りを

お手洗いや洗面所など、身支度を整えるパウダールームは、つねに清潔に保ちたいですよね。その反面、家の中で最も空気がこもりやすく、においが気になるスペースでもあります。
におい対策には、空気清浄効果の期待される、ユーカリがブレンドされたオイルがおすすめです。「B11 ユーカリラベンダー」は、すっきりとした中にラベンダーの落ち着きを感じられる、清潔感のある香りです。スティックディフューザーなら、オイルの注ぎ足しが必要ないので、空間をつねに香らせることができます。
手軽に使えるエアミストもおすすめです。「C03 クリーンフォレスト」は、森林の空気のような、すがすがしい香り。使用前後にシュッとひと吹きして、空気を清潔にととのえましょう。

寝室には、リラックスできる香りを

一日の疲れを癒し、ゆっくりと過ごす寝室。気持ちを落ち着かせるような香りを広げれば、さらに上質なリラックスタイムが過ごせますよ。
華やかな香りがお好きな方には、「D09 コンフォートリラックス」がおすすめです。ローズやラベンダーを中心としたブレンドで、甘さの中に透明感も感じられる、フローラルグリーンの香りです。ウッド系の落ち着いた香りが好きな方には、「B19 フランキンセンスウッド」がおすすめです。上質な雰囲気の香りが、深いリラックス感をもたらしてくれますよ。
熱や水を使わないボトルディフューザーなら、睡眠時も安心して使えます。眠る1時間ほど前にクルっと逆さまにして、フェルト部分にオイルを染み込ませましょう。枕元に置くことで、ふんわりとした香りを感じながら、眠りにつくことができますよ。

はつらつとした気分を高める柑橘の優しい香り
凛とした気分になる森林の空気のような香り
日本のヒノキを主に使用した木のアロマディフューザー
羊毛フェルトで手作りされた、ひつじのボトルディフューザー