COLUMN

特集記事

秋の香りに込めたストーリー

シーズナルアロマ - under the glow -

季節の移り変わりを香りで表現した直営ストア限定の香りシリーズ「シーズナルアロマ」。
今秋の香り[under the glow(アンダーザグロウ)]に込められたストーリーをお届けします。

キャンドルを灯して過ごす秋の夜

虫の音が聞こえ、紅葉狩りやお月見といったしっとりした風情を楽しむ秋。 静寂や物思い(瞑想)にふけるなど、夜長を静かに過ごすイメージもあります。 秋限定の香り[under the glow(アンダーザグロウ)]は、そんな秋の夜長を贅沢なリラックスタイムに変える、やわらかなウッディーハーブの香りです。 キャンドルに火を灯して、お酒やコーヒーを飲みながらゆったりと過ごすスローな時間に、揺れる火を眺めながらこころがほぐれていくような、疲れを癒す香りです。

Seasonal aroma – under the glow -

秋の夜長を贅沢なリラックスタイムに。 心をほぐして、やさしく包み込むようなウッディーハーブの香り。 原料:シダーウッド、フランキンセンス、ホーウッド、マンダリン、マジョラム

香りに込めたストーリー

アットアロマのエッセンシャルオイルブレンドは、アロマ空間デザイナーが世界中の産地から厳選した原料を緻密に組み合わせて創り上げています。[under the glow]の香りに込めたストーリーを、デザイナーに聞いてみました。

「しっとりとした秋がやってくると、落ち着いた時間を過ごしたくなります。特に夜は、ご自宅でゆっくり過ごされる方も多いと思います。そんなくつろぎの時間からイメージしたのは、ローテーブルに並べたキャンドルの火の輝きや、お部屋から眺める星の瞬きです。秋の夜長を彩り、贅沢なリラックス空間をつくるお手伝いができればという想いで香りをデザインしました。」

キャンドルの炎の揺らぎのリズムを表現

火のゆらめきや星の瞬きは、一定のようでいて予測できないリズムがあり、自然界にあるこうした「ゆらぎ」は、心地よさをもたらすと言われています。
キャンドルの炎を眺めていたら、心が落ち着いた…そんな経験をしたことはありませんか?
「この「ゆらぎ」を香りで表現するために、折り重ねたウッドとハーブに、やわらかなシトラスやフローラルをブレンドし、さらにアクセントとして、ウッディーで爽やかな香りのジュニパーを少量加えています。
マジョラムやホーウッドを中心とした、包み込むようなリラックス感の中に、重厚で深みのあるシダーウッドやパチュリで「夜の静寂」を、明るく温かな印象のマンダリンやパルマローザで「光のきらめき」を、香りから感じられるようにブレンドしました。」

お休み前やプレゼントに

きらきらした光を眺めながら過ごす、夜のひとときのような[under the glow]の香り。使うなら、こんなシーンがおすすめです。

「ぜひお休み前のリラックスタイムにお部屋で使ってみてください。
「ストーンディフューザー トコナメ」なら、手軽にやさしく香りを広げられます。丁寧につくられた独特な丸みのあるフォルムは、見た目にも癒されますよ。
また、外出時にもおすすめです。秋らしい香りをさりげなく身にまとえば、いつものワンランク上の装いになります。
周りと差をつけたい時には、ピンバッジタイプのディフューザーがおすすめです。
「アロマピンズ ボタンタイプ」の、ヘリンボーンや千鳥格子の柄は秋のファッションにぴったり。お好きなところに着けられるので、アロマを使い慣れていない方への贈り物にも喜ばれますよ。
シルクなど上質な素材を使用してハンドメイドで作られている「アロマピンズ×チビタイ」は、男性にも人気の一品。ジャケットの襟元に付ければワンポイントになり、これからの季節に活躍しそうですね。専用ボックス付きなので、そのままギフトとしても贈ることができます。」