COLUMN

特集記事

眠りのタイプ/シーン別 おやすみ時間の過ごし方

SLEEP sheep

環境や生活の変化が多いこの時期は、疲れやストレスがたまりやすいものですよね。 一日の疲れやストレスをリセットするのにとても大切なのが「睡眠」です。 上質な眠りのためには、眠る前の空間を整えることが大切と言われています。 その空間づくりのために役に立つのがアロマの心地よい香り。アロマでできる眠りの空間づくりのアイデアをご紹介します。

あなたのタイプは?
眠りに合わせておやすみ空間を心地よく

眠りのタイプは人によって様々です。自分のタイプにあわせて眠り空間を整えると、毎晩のおやすみタイムはぐっと心地よくなります。「スリープシープ」シリーズは、快眠セラピスト・三橋美穂先生が監修した、眠りをタイプ別にサポ―トする香りです。まずは自分のタイプを知り、どのような香りが合うかをチェックしてみましょう。


こちらもおすすめ
「カーミングタイム」は、ベルガモットなどの柑橘の香りを中心とした、穏やかで優しい香りです。
紅茶のアールグレイの香りとしても知られるベルガモットは、柑橘の中でも最もストレス緩和作用が期待できる、朗らかで上品な香り。ネロリやオレンジなどの優しさや安心感のある香りも贅沢にブレンドしました。不安を和らげて心を休めたいときや、明るくポジティブな気分になりたいときに使っていただきたい香りです。

> エッセンシャルオイルはこちら

心と身体を解きほぐす、おやすみ前のくつろぎタイム

眠る約1~2時間前にぬるめのお湯でゆったりと入浴すると、心身がリラックスし、その後の寝つきが良くなるといわれています。湯船には天然アロマの入浴料を使って、ぜひ香りでもリラックスを。
スリープシープのアロマ入浴料は、大分県別府温泉精製の湯の花エキスを配合し、お肌もしっとりすべすべに。眠りのタイプに合わせた香りはもちろん、その日の気分で香りを決めても◎。香り選びの時間も毎晩の楽しみになりそうですね。
入浴後には、香りのボディミルクで保湿しながらマッサージを。全身がふんわりと心地よい香りに包まれて、心と一緒に身体もほぐれていきます。

> アロマ入浴料はこちら
> ボディミルクはこちら

シーン別 眠りのためのアロマ活用法

ベッドに入る前には、あらかじめ室内を眠りに向けた環境に整えておくと、スムーズに眠りにつきやすくなります。間接照明に切り替える、PCやスマホなどの強い光を防ぐ…など様々な方法がありますが、寝室にアロマの香りを取り入れると心地よい香りでリラックスできますよ。タイプ別におすすめの香りの取り入れ方をご紹介します。

シーン1|いつもの寝室で

アロマオイルを染み込ませて自然に揮発させるタイプのディフューザーは、動作音がしないだけでなく、火や熱を使わないので就寝時も安心にお使いいただけます。
羊の形が愛らしい「アロボックル」は、香りがほしいときにクルッと逆さまにして使用します。内部に取り付けたボトルからアロマオイルがフェルト部分に染み込み、ほんのりと香りが立ち上ります。

> アロボックルはこちら


シーン2|時間がなく忙しい日に

寝具やファブリックに数回プッシュして使用するミストタイプは、吹きかけるだけで香りを楽しめるので、忙しい毎日を過ごされている方におすすめ。広範囲にふわっと香りが広がるので、柔らかな香りを感じながら眠りにつくことができます。
今日は時間がなくてシャワー、というときに浴室にシュシュっとスプレーしてからシャワーを浴びるのもおすすめですよ。

> エアー&ピローミストはこちら


シーン3|旅先や出張先で

環境が変わると寝付きが悪くなるものです。そんなときにはいつも眠る前に親しんでいる香りを使用すると眠りにつきやすくなります。ディフューザー「コウ」は、手のひらサイズで持ち運びに便利。コードレスでの使用時は20分のオートオフタイマーが作動するので、出張先や旅先でもお気に入りの香りに包まれながら眠りにつくことができますよ。

> ファンディフューザー コウはこちら