アロマオイルで花粉症対策

  1. HOME / 
  2. アロマオイルで花粉症対策

アロマオイルで花粉症対策 空気を整えるエッセンシャルオイルFeb, 2018

花粉症対策

寒さがやわらぎ、過ごしやすくなる春の訪れは嬉しいものですが、花粉症の方にはちょっとつらいシーズンですね。まだ寒さの続く今の時期から症状が出る方もいるようです。鼻やのどの不快感が続くと、集中できなかったり、眠りが浅くなったりと、つらいですよね。
そんな花粉症でお悩みの方におすすめの、天然のエッセンシャルオイルを取り入れた花粉症対策をご紹介します。

すっきりしたい日中に

鼻がむずむずして、集中できない…そんなときにおすすめなのが、頭をすっきりさせてくれる、カンファーやメントールを含むエッセンシャルオイルです。これらの成分を多く含むのは「ローズマリー」や「ペパーミント」など。料理や日用品にもよく使用されているので、親しみやすい爽やかなハーブの香りです。
「B05 ローズマリーシトラス」「B06 ミントユーカリ」は、頭がすっきりとするような、スーッとした清涼感のある香りです。抗菌・抗ウイルス作用が期待できるレモンやユーカリがブレンドされており、空気清浄の効果も期待できます。

寝苦しい夜に

くしゃみなどの症状がひどく、なかなか眠りにつけない夜には、お部屋の空気環境を清潔に整えるようなエッセンシャルオイルがおすすめです。空気清浄の効果が期待できる成分は、シネオールやピネンなど。これらの成分を含むオイルのなかでも、「ユーカリ」は軽やかな雰囲気をもち、空間にひろげるとすっと空気になじむので、寝室にも取り入れやすい香りです。
睡眠時には、安眠やリラックスの効果が期待できるラベンダーがブレンドされた「B11 ユーカリラベンダー」がおすすめです。そよ風を思わせるような優しい香りが、心身と空間を穏やかに整えてくれるでしょう。
オイルブレンドシリーズ「クリーンエアー」は、ユーカリを中心とした空気清浄に最適なシリーズです。詳しくは、「冬のアロマ活用法」もチェックしてみてくださいね。

ディフューザーの活用で快適な一日を

使用シーンにあわせてディフューザーを変えると、エッセンシャルオイルをより効果的に活用できます。 外出先には、コンパクトなディフューザーが便利です。「ストーンディフューザー[mini]」は、手のひらサイズのストーンに、アロマオイルを直接たらして使うディフューザーです。付属の缶に入れれば、鞄やポーチの中でもかさばりません。どこにでも気軽に持ち運びができるので、家だけでなく、オフィスのデスクなどでも活躍します。
寝室では、枕元に置けるディフューザーがおすすめです。「ウッドディフューザー ヒノコ」は、オイルを上面に数滴たらして使います。眠る1時間ほど前にたらしておけば、ちょうど眠りにつくころまでほんのりと香り、穏やかな眠りへと導いてくれますよ。

みずみずしくシャープで、目の覚めるような香り
心身を落ち着かせる、爽やかなそよ風のような香り
持ち運びに便利なシルバー缶付きのストーンディフューザー
日本のヒノキを主に使用した木のアロマディフューザー