アロマブランチおすすめ活用術

  1. HOME / 
  2. アロマブランチおすすめ活用術

アロマブランチおすすめ活用術 空間を彩る常滑焼ベースのディフューザーMay, 2018

ベースブラック

ミツマタの枝が、ベースの中に入れたアロマオイルを穏やかに香らせる「アロマブランチ」
植物の素材そのものを生かした味わい深い雰囲気です。日本六古窯のひとつである、常滑焼のベースとセットで使うことで、上質な素材感を味わえます。インテリアに美しく調和するシンプルなデザインでありながら、色や香りの組み合わせによってがらりと表情を変えるところも、魅力のひとつ。お部屋に合わせたおすすめの組み合わせをご紹介します。

ブラックを効かせてクールに

ベースとブランチをブラックでまとめた組み合わせは、スタイリッシュな印象を作り出します。お部屋に置くと、空間をきりっと引き締めてくれます。洗練された見た目でありながら、木や焼き物の素材感から、自然のもつ柔らかな印象もさりげなく取り入れることができます。
クールな印象をさらにブラッシュアップさせるなら、「D01 アブソリュートブルー」の香りがおすすめです。深みのある青色や紺色をイメージさせる都会的な香りが、高級感を演出してくれますよ。

無垢なホワイトの組み合わせ

白を基調としたお部屋や、木の素材感を取り入れたお部屋には、ライトグレーのベースと、ホワイトのブランチの組み合わせがおすすめです。インテリアに自然になじむだけでなく、清潔感や柔らかな印象を作り出します。
「B04 グレープフルーツミント」の香りは、グレープフルーツと2種のミントのシンプルなブレンド。清涼感があるので、暑くなるこれからの時期におすすめです。すーっとしたフレッシュで爽やかな香りが、空間をさらに居心地良くしてくれますよ。

ブラック×ホワイトで個性を出して

お部屋に個性やアクセントをくわえるなら、ホワイトのベースとブラックのブランチの組み合わせがおすすめ。自然が作り出した枝の自然なカーブと、ソリッド感のあるベースのシルエットが、それぞれの色のコントラストで一層引き立ちます。
自然そのものの素材感を感じられるデザインは、和室にもぴったり。日本をイメージした香りを合わせれば、和室ならではの凜とした雰囲気が一層増しますよ。「JD05 粋」は、感性が研ぎ澄まされるような、知的なイメージを感じさせる香り。ウッドを中心としたブレンドが、個性を感じさせる空間を作り出します。
ご紹介した以外にも、組み合わせる色と香りを変えれば、生み出される空間のイメージも無限大です。ぜひ、自分好みに色や香りをカスタマイズしてみてくださいね。

アロマブランチ〔ベース〕TOKONAMEです。(全2種)
アロマブランチ用 ブランチです。(全2種)
気持ちをスッとさせる、自然な爽やかさが心に残る
都市のライフスタイルをイメージした、モダンなニュアンスが織り成す香り